マリオットリワード完全ガイド!会員特典やポイント制度を解説

投稿日:2017年11月14日 更新日:

※11月14日更新情報:楽天トラベルは、11月1日にオープンしたマリオット系ホテル「モクシーホテル東京錦糸町」と「モクシーホテル大阪本町」に使える5,000円引クーポンを配布しています。 モクシーホテル クーポン/楽天トラベル

 

2016年にマリオットがスターウッドホテル&リゾートを買収したことにより、世界最大のホテルグループとなりました。

マリオットには無料の会員サービス「マリオット・リワード(Marriott Rewards)」があり、会員になると特別料金での宿泊やポイントの獲得など様々なメリットがあります。

また滞在実績を積み上げることで上級会員になることができ、朝食やラウンジの無料利用、部屋のアップグレードなど、上級会員ならではのサービスを満喫できます。

シェラトンやウェスティンを有する「SPG」と会員制度がリンクしたことにより、クレジットカードを保有するだけで、マリオットやSPGの上級会員になれる「SPGアメックスカード」はとても人気です。

マリオットを思う存分に活用できるのように、マリオット・リワードの特典や会員制度のなり方、ポイントの貯め方や使い方、マリオット・リワードについてたっぷり解説したいと思います。

 

マリオットホテルの会員制度

 

マリオット客室

 

まずはマリオットホテルの会員サービスや特典の概要を解説します。

マリオット・リワードの上級会員を獲得すると、傘下であるリッツ・カールトンやSPGの上級会員にも”ステータスマッチ”で取得することができます。上級会員には誰でも比較的簡単になることができるので、記事の中でお伝えします。

 

マリオット・ホテルのブランド

 

マリオットのロゴ

 

マリオットホテルは世界71カ国に19ブランド、4,000以上の施設からなる巨大ホテルグループです。日本国内では

  • マリオット・ホテル&リゾート
  • ザ・リッツ・カールトン
  • オートグラフコレクション
  • コートヤード
  • ルネッサンス・ホテル

のブランドで19のホテルが営業しています(2017年7月に国内マリオット4施設OPEN)。

マリオットの会員にはホテルのフロントやWEBで簡単に入会できます(無料)

 

マリオット・リワードの会員制度と特典

 

マリオットリワードは「リワード(一般会員)」⇒「シルバーエリート」⇒「ゴールドエリート」⇒「プラチナエリート」と4つのクラスに分かれており、より多く滞在することで、会員ランクが上がり、より魅力的な追加特典が付与されます。

 

 リワード  シルバー  ゴールド  プラチナ
 ステータス達成条件 10泊 50泊  75泊
 チャレンジでの達成条件 9滞在 /3ヶ月
 ポイントまたはマイルが貯まる  ◯  ◯ ◯   ◯
エリートナイトクレジット  ◯  ◯  ◯  ◯
 対象となる宿泊に対するボーナスポイント    20%  25%  50%
 会議やイベントで獲得されたポイント  ◯  ◯  ◯  ◯
 ダイレクト予約で最安宿泊料金  ◯  ◯  ◯  ◯
 特典除外日なし  ◯  ◯   ◯  ◯
 ルームタイプの保証      ◯  ◯
48時間前予約受付        ◯
 無料の客室アップグレード      ◯  ◯
 アライバルギフト        ◯
 無料客室高速インターネット      ◯  ◯
ダイレクト予約で客室内無料インターネット  ◯  ◯  ◯  ◯
 16時までのレイトチェックアウト保証(一部除く)      ◯  ◯
 ラウンジの利用および2名分の朝食を保証      ◯  ◯

 

ゴールド会員のメリット

 

ゴールド会員の主なメリットは、

  • 無料客室アップグレード
  • エグゼクティブラウンジの利用
  • 2名分の朝食保証
  • 16時までのレイトチェックアウト保証
  • ハーツのクラブゴールド資格

JWマリオット、オートグラフ コレクション、ルネッサンス、マリオット・ホテル、デルタ・ホテル(リゾートを除く)のエグゼクティブラウンジで、ゴールドエリート会員と同伴1名まで、コンチネンタル朝食や軽食、アルコールを含む飲み物を楽しめます。

また空室があれば客室アップグレードが期待でき、レイトチェックアウトの依頼もマリオットのモバイルアプリで事前に申請できます。ホテルの過ごし方が変わる、豪華な特典です。

またレンタカー会社「ハーツNo1クラブゴールド会員資格」も無料で獲得できます。海外旅行でのレンタカー利用時に様々な特典が与えられます。

 

プラチナ会員のメリット

 

プラチナ会員の主なメリットは、ゴールド会員の特典に加え

  • プラチナアライバルギフト
  • 無料客室アップグレード(スイートを含む)
  • 48時間前のご予約保証
  • ユナイテッド航空のシルバー資格

特典を獲得できます。

「48時間前のご予約保証」では、宿泊費を伴う滞在であれば必ず客室を確保してもらえます。

「プラチナアライバルギフト」は、チェックイン時にアメニティギフトまたはボーナスポイントのどちらか好きな方を貰うことができます。

さらにマリオット・リワードのプラチナ会員になると、ユナイテッド航空の「マイレージプラス プレミアステータス(プレミアシルバー資格)」が与えられます。

無料アップグレード、エコノミープラス席(空席がある場合)、受託手荷物1個無料、プレミアボーナスマイルなど、ユナイテッド航空を利用したフライトが快適になります。

 

ライフタイムステータス

 

マリオットでは、ライフタイム・ステータスも用意されています。マリオット・リワード会員になってから年数関係なく積算され、一度達成すれば生涯ステータスを保持できます。

  • ライフタイム シルバーエリート・・・250泊+120万ポイント
  • ライフタイム シルバーエリート・・・500泊+160万ポイント
  • ライフタイム シルバーエリート・・・750泊+200万ポイント

 

マリオット リワード会員料金・ベストレート保証

 

マリオット リワード会員料金は、ベストレートからさらに割引されます。マリオット公式サイトやスマホアプリ、コールセンターからの直接予約の場合に適用されます。料金がお得なだけではなく、インターネットが無料になるなどの会員特典があります。

ベストレート保証は、予約後24時間以内に同条件(同じホテル、部屋タイプ、予約日程など)で安い料金を見つけた場合、その料金からさらに25%引になります。(フォームはこちら

大手宿泊予約サイトでログインした会員のみが見ることができるようなシークレットプランなどは対象外になります。認められるかどうか微妙で判断がつかない場合は、リクエスト申請をしましょう。対象かどうか、マリオットから回答をもらうことができます。

 

SPG&リッツ・カールトンとステータスマッチ

 

マリオットSPG相互リンク

 

 

マリオットの会員制度は「スターフッドプリファードゲスト(SPG)」・「リッツカールトン リワード」とのステータスマッチが可能です。

ステータスマッチとは、Aの上級会員であれば、そのままBの上級会員を獲得できるといった制度です。例えば、マリオットリワードで「ゴールドエリート会員」であれば、SPGとリッツカールトンの「ゴールド会員」にもなれます。

またポイントの相互移行もできるようになりました。移行レートはSPG:マリオット リワード=1:3です。

 

 

マリオット・リワードポイントを獲得する

 

マリオット リワード ポイントは、ホテル宿泊やマイルに交換できるため、非常に使い勝手が良いポイントです。

 

マリオット・リワードポイントの貯め方

 

マリオット・リワードの貯め方の主な方法は2通りです。

一つ目は、マリオット公式サイト・アプリ等から予約をしてホテルに宿泊することによって貯まります。上級会員であれば、宿泊の度にボーナスポイントが貰えるので、より貯まりやすくなります。リッツカールトンの宿泊でも、マリオットリワードを貯めることができます。

ほとんどのマリオットホテルブランドで、1米ドルあたり10ポイントが付与されます。またポイントの代わりに「全日空、日本航空、ユナイテッド航空、エティハド航空、大韓航空、ルフトハンザ航空」のマイルを選ぶこともできます。こちらは、1米ドルあたり2マイル獲得できます。

 

SPGアメックス

 

二つ目は、SPGアメックスカードを利用してスターポイントを貯め、それをマリオット リワード ポイントに移行する方法です。入会特典のボーナスマイルで大量にスターポイントを獲得できますし、クレジットカードの利用で日常でスターポイントを貯めることができます。貯めたポイントは、1スターポイント=3マリオット リワード ポイントの比率で移行できます。

 

マリオット・リワードポイントを購入する

 

マリオット・リワードポイントは、通常1,000ポイント=12.5ドルで、1アカウントにつき年間50,000ポイントまで購入することができます。購入したポイントは、自分のアカウントに加算することはもちろん、友人・知人のアカウントへプレゼントすることも可能です。

スターポイントを購入して移行することもできます。スターポイントは年に数回、ポイントのセールを行いますので、セールのタイミングで購入し、移行するのがお勧めです。

 

マリオット・リワードポイントの使い方

 

マリオット・リワードポイントは、「ホテルへの宿泊に使う」・「ユナイテッド航空のマイルに移行する」の2点を推奨します。

 

無料宿泊に使う

 

マリオット客室アップグレード

 

特に宿泊料金が高騰しがちな週末や直前予約、イベントや連休の宿泊に使うと、ポイント価値を最大化できます。

5連泊した場合、5泊目のポイントが無料になります。

 

▽マリオット・カテゴリーランク▽

カテゴリー 必要ポイント ポイントセーバー* キャッシュ&ポイント 国内ホテル一例
1 7,500 6,500 45ドル+3,000
2 10,000 7,500 50ドル+5,000
3 15,000 10,000 55ドル+8,000
4 20,000 15,000 60ドル+11,000
5 25,000 20,000 65ドル+14,000
6 30,000 25,000 75ドル+17,500 コートヤード・バイ・マリオット東京

コートヤード・バイ・マリオット新大阪

7 35,000 30,000 90ドル+21,000 コートヤード・バイ・マリオット東京銀座東武ホテル

軽井沢マリオットホテル

名古屋マリオットアソシアホテル

大阪マリオット都ホテル

オキナワマリオット・リゾート&スパ

ルネッサンスリゾート鳴門

ルネッサンスリゾート沖縄

8 40,000 35,000 145ドル+24,500 東京マリオットホテル

大阪マリオットホテル

オートグラフコレクション

9 45,000 40,000 220ドル+28,000

*ポイントセーバー・・・特定日ならお得なポイント数で泊まれる制度です。

 

▽リッツカールトン・ティアランク▽

ティア 必要ポイント ポイントセーバー キャッシュ&ポイント 国内ホテル一例
1 30,000 20,000 115ドル+15,000
2 40,000 30,000 145ドル+20,500
3 50,000 40,000 170ドル+26,000 リッツ・カールトン大阪
4 60,000 50,000 260ドル+32,000 リッツ・カールトン沖縄
5 70,000 60,000 335ドル+38,000 リッツ・カールトン東京

リッツ・カールトン京都

 

マリオット・リワードポイントをスターポイントに移行し、SPG系ホテルに宿泊する方法もありますが、マリオット・リワードポイントで、マリオット系ホテルに宿泊したほうがポイントの価値が高くなることが多いです。よって、スターポイントを宿泊で使いたい場合は、マリオット・リワードポイントへの移行を検討すると良いでしょう。

例えば、ハイシーズン8月の「リッツカールトン沖縄」の宿泊料金は1室8万超えなのですが、20,000スターポイントを移行して(=60,000リワード)で宿泊できます。この場合、1スターポイント=4円相当となります。

 

キャッシュ&ポイント

 

ポイントで宿泊料金を無料にすることができますが、現金とポイントを併用しての宿泊予約ができます。特典除外日がないので、宿泊料金が高額な場合がお値打ちです。

必要なキャッシュとポイントは、先程の表の「cash&point」の欄を見てください。マリオットのカテゴリー3以上、リッツ・カールトンなら、1ポイント1円以上の価値が出せるので、キャッシュ&ポイントはお勧めです。

ポイントセーバー対象外の日程であれば、ポイントだけで予約するよりも、キャッシュ&ポイントを利用して予約したほうがお得です。

 

客室アップグレードに使う

 

ホテル宿泊費をポイントで特典交換している場合、ほとんどの客室で1泊につき5,000ポイントで客室アップグレードが可能です。ただし、一部のホテルでは眺望やルームタイプにより、10,000〜15,000ポイントが必要になる場合もあります。

 

マイルに移行する

 

SPGをマイルに交換

 

マリオットとユナイテッド航空は提携しているので、ユナイテッド航空への交換レートは優遇されておりお勧めです。56,000ポイントか112,000ポイントをユナイテッド航空に移行することを推奨します。逆に、少ない移行はレートが悪いので注意しましょう。

 

マリオットポイント(SPGポイント) ユナイテッド航空マイル
8,000(2666) 2,000(1マイル=4ポイント)
16,000(5,333) 5,000
24,000(8,000) 10,000
56,000(18,666) 25,000
112,000(37,333) 50,000(1マイル=2.24ポイント=お得!)

 

その他、JAL、ANA、ブリティッシュ・エアウェイズ、デルタ航空、イベリア航空、アラスカ航空など様々なマイルにも交換できますがレートが悪いです。もしマリオット・リワードポイントを使って、ユナイテッド航空以外に交換するのであれば、スターポイントへ移行してからマイルへ交換します。スターポイントからマイルへの移行は、20,000スターポイント毎に5,000ボーナスポイントが付きます。

<参考>60,000マリオットポイント⇒20,000スターポイント⇒25,000マイル に交換可能!

 

7泊無料宿泊+マイル交換がお得

 

7連泊のホテルとマイルがセットになった特典が超お得です。7泊を分けて使うことはできませんが、マイルは別の機会に使っても構いません。

下の表はマリオット(カテゴリー1〜8)、リッツ・カールトン(ティア1~5)の7泊とユナイテッド航空マイルに交換する場合に必要なポイントを表しています。

その他の航空会社のマイルをセットにする場合は、獲得できるマイルが減少します。ブリティッシュ・エアウェイズ、アラスカ航空、イベリア航空、デルタ航空などは1割減くらいなのでマシですが、JAL・ANAマイルはレートが悪いので、あまりお勧めしません。(レート表

 

▽ホテル7泊+ユナイテッド航空「リワードプラス」

カテゴリー/特典 7泊+55,000マイル 7泊+77,000マイル 7泊+110,000マイル 7泊+132,000マイル
カテゴリー1〜5 20万 22万 25万 27万
カテゴリー6 23万 25万 28万 30万
カテゴリー7 26万 28万 31万 33万
カテゴリー8 29万 31万 34万 36万
カテゴリー9 32万 34万 37万 39万
ティア1〜3 35万 37万 40万 42万
ティア3〜5 47万 49万 52万 54万

 

例えば、270,000マリオット リワードポイントで「マリオットのカテゴリー5に7連泊+ユナイテッド航空の132,000マイル」と交換できます。

270,000ポイントをユナイテッド航空のマイルに交換した場合、約120,500マイルにしかなりませんが、それを上回る132,000マイルを獲得でき、さらにホテルに7連泊できます。

カテゴリー5のホテルは日本にはありませんが、世界に1,000以上のホテルがあります。例えば、カテゴリー5「ホアヒン マリオット リゾート&スパ」は通常1泊15,000円ですので、7泊は10万円の価値があります。

マイルに沢山交換したい場合は、マイルだけに交換するよりも10万円以上の価値があることが分かります。

 

その他の使い方

 

ホテル滞在中の「食事やスパ」にもポイントが使えますが、1ポイント=1円を下回るのでお勧めできません。

中国最大の旅行サイト「Ctrip」のポイントに交換できますが、1ポイント=1円を下回るのでお勧めできません。

「プライオリティ・パス」の取得に使えますが、1ポイント=1円を下回るのでお勧めできません。プライオリティ・パスは、年会費10,80円の楽天プレミアムカードに付帯するので、そちらのほうがリーズナブルです。

その他、航空券やレンタカーへの利用、ギフトカードやショッピング商品にも交換できますが、レートが悪いのでお勧めできません。

 

スターポイントからマリオットリワードに移行する

 

マリオットSPG相互リンク

 

既に記事に何度も書いていますが、SPGのスターポイントと相互移行ができます。

移行比率はSPG:マリオット=1:3(1,000ポイント単位)です。スターポイント1,000ポイントがマリオットリワード3,000ポイントになり、マリオットリワード3,000ポイントはスターポイント1,000ポイントになります。

スターポイントは現金で購入することもでき、定期的にセールを実施しています。お得にポイントを購入して、マリオット リワードポイントに移行し、宿泊に使うといった使い方もできます。

>>>スターポイントはこちらで詳しく解説しています

 

ポイントの価値について

 

ポイントは1,000ポイント=12.5ドルで購入することができるので、為替にもよりますが1ポイント=0.6〜0.7円でしょう。

従って、1ポイント=1円以上の価値になるような使い方が望ましいと考えられます。

 

 

マリオット・リワード上級会員になろう

 

 

マリオットホテルやSPGホテルをメインに使うなら、上級会員を獲得しておくと様々なメリットがあります。

ホテルに泊まって地道に達成するのは容易ではないため、クレジットカード申し込みやチャレンジ制度を検討すると良いでしょう。

 

▽ランク達成要件▽

シルバーリワード・・・年間10泊

ゴールドリワード・・・年間50泊or3ヶ月6滞在orSPGアメックス保有

プラチナリワード・・・年間75泊or3ヶ月9滞在

 

①SPGアメックスを作成する

 

SPGアメックスカードを保有することで「SPGのゴールド会員資格」を獲得できます。またステータスマッチで、マリオットとリッツカールトンのゴールド会員資格も取得できます。

ここから申し込み、カードを利用すると最大17,000スターポイントを獲得できお得です。初年度年会費31,000(税抜)ですが、17,000スターポイントでマリオット系の最上級ホテルに宿泊できますし、カード更新時にはSPGの無料宿泊券が届きますので、ホテルに宿泊する人は申し込まない理由がないくらいのお得なカードです。

さらに普段のカード利用100円につき1スターポイント貯まり、20,000マイル交換毎に5,000ボーナス貰えるので、還元率1.25%になります。

>>>SPGアメックスはこちら

 

チャレンジ制度を利用する

 

シルバー会員の方は、チャレンジ制度を利用すれば「3ヶ月の間に6滞在」でゴールド会員に、ゴールド会員の方は「3ヶ月の間に9滞在」でプラチナ会員になることができます。

「9泊」ではなく「9滞在」なのでご注意ください。例えば同じホテルに3泊しても1滞在とみなされます。また同一ホテルのチェックインは、チェックアウトから24時間以上空けないといけません。

マリオットのチャレンジ制度は公式ページがなく非公開です。ルールを含めた詳細は、「マリオットリワードサービスデスク」へ問い合わせてください。

 

ステータスマッチ

 

マリオット、リッツ・カールトン、SPGの会員資格は、ステータスマッチにより相互取得が可能です。

マリオット、リッツ・カールトン、SPGのいずれかで「プラチナ」資格を取得すれば、ステータスマッチで全ての会員プログラムにおいて「プラチナ」となります。「ゴールド・シルバー」に関しても同様です。

 

 

マリオットまとめ

 

マリオットリワード会員は無料で入会することができ、様々な特典を享受できます。

SPGを買収したことで、マリオット、リッツ・カールトン、SPG間で会員ランクの相互取得、ポイントの相互移行が可能になりました。移行比率は、1スターポイント=3マリオットリワードポイントです。

マリオットリワードポイントは、マリオットやリッツカールトンの宿泊で貯めることができます。SPGのスターポイントとも移行できるので、SPGアメックスを作り、普段のショッピングなどをクレジットカードで支払うことによりポイントを貯めることが可能です。

マリオットリワードポイントは、使い道はいくつかありますが、無料宿泊やユナイテッド航空のマイル交換をお勧めします。大量のポイントをマイルに交換する場合は、パッケージ旅行(ホテル7連泊+マイル)への交換を検討しましょう。

マリオットはゴールド会員資格以上になると、エグゼクティブラウンジの利用、2名分の朝食、16時までのチェックアウト、客室グレードアップなどの豪華な特典が付帯します。

 

SPGアメックス

 

通常、上級会員になるには多額の費用を要しますが、SPGアメックスカードを保有すると、SPGのゴールド会員の資格を取得できます。またステータスマッチにより、マリオット&リッツ・カールトンのゴールド会員資格も取得可能です。

このカードの年会費は33,480円ですが、クレジットカードの更新時にSPGの無料宿泊券がもらえるだけではなく(5万円相当の価値があります)、ゴールド会員の豪華な特典により、簡単に元をとることができるので、今一番お勧めのクレジットカードです。

僕からの紹介ですと、最大17,000スターポイントを獲得でき、公式サイトよりもお得な条件で入会できます。

17,000スターポイントをマリオット・リワードポイントに移行した場合、3倍の51,000ポイントになります。50,000ポイントもあれば、マリオットの最上級ホテル、リッツ・カールトン大阪などに無料で宿泊できます。

>>>SPGアメックスについてはマイル部で詳しく解説しています

 

 

-ホテル&航空会社, マリオット
-, , , , , ,

Copyright© 旅部|旅行セール情報・クーポン・お得ワザをお届け , 2017 AllRights Reserved.