ハワイでオープンカー

海外でレンタカーを借りてドライブを楽しもう!保険用語辞典付

投稿日:

 

旅先でレンタカーがあれば、自分のペースで好きなところに行けるので、国内でも海外でもレンタカーを活用しています。しかしながら、日本国内ではトラブルの少ないレンタカーも、海外では多くのトラブルが報告されています。

そこで、安心して海外でレンタカーを借りれるように、レンタカーの借り方から、契約条件、現地で注意する点などをまとめました。

 

レンタカーを借りるのに必要なもの

ハワイのダラーレンタカー

 

海外でレンタカーを借りるには、

  • パスポート
  • 国際運転免許証と日本の運転免許証
  • クレジットカード
  • 予約控え

が必要です。

 

国際免許証は日本の運転免許証を英語に翻訳したもので、外国人でも内容がわかるように翻訳されています。ただ国際免許証があれば全世界で借りれるというわけではなく、ジュネーブ条約加盟国のみに有効です。

国際免許証は、最寄りの運転免許センターで2,400円の費用で即日発行してもらえます。取得に関して、詳しくはこちらをご覧ください。(警視庁ホームページ)

次に必要なクレジットカード。レンタル時に保証金(デポジット)をクレジットカードにより支払わなければなりません。レンタカーが何事もなく返却されると自動的に全額返却されますが、事故や交通違反を起こした場合など、全額戻ってこないケースもあります。

 

国際運転免許証はいる?いらない?

 

ハワイやグアムは国際免許証が必要なく、日本の運転免許証だけで運転できることがあります(ただし、条件有り)。

レンタルする国や店舗によって条件や必要なものは異なりますが、予約時に必要書類は書いてあるので、指定されたものを忘れずに持っていきましょう。

 

 

レンタカーの予約から返却までの流れ

 

国際免許証を用意する⇒予約する⇒現地の交通ルールを事前確認する⇒レンタカーカウンターへ行く⇒契約する⇒出発前のチェック⇒出発をする⇒車を返す⇒返却時のチェック⇒返却書をもらって終了

といった流れです。

 

アメリカの主要空港でハーツやアラモで車を借りると、駐車ブロックに並んだ同クラス車から、好きな車を選ぶように言われます。鍵は車内にあるので、傷のチェックが終わったら、ゲートまで乗っていき、契約時に渡される契約書と免許証と傷をチェックする申告書を係員に渡し、いよいよ出発です。

空港に返却する場合は、「Rent a car Return」という標識がありますので、その通りに進み、返却場所へ車を止めます。係員により走行距離やガソリンの残量チェックがあり、レシート(返却書)を貰います。特に問題がなければ「Amount(残高)=0」もしくは契約時の「Total charge」金額が表示されているはずです。

ガソリン満タン返しが必要なのに、満タンで返却しない場合は、レンタカー会社が決めている燃料単価で請求されます。

 

 

25歳未満、追加ドライバー、チャイルドシート

チャイルドシート

 

予約をする前に、海外レンタカーの制度について理解しておきましょう。若年者のドライバー、追加ドライバー登録、チャイルドシートの設置に追加費用がかかります。

 

レンタカーの年齢制限|25歳未満は注意

 

アメリカ・ハワイの場合、多くのレンタカー会社は21歳以上を対象としています。そして25歳未満に対しては、多くのレンタカー会社は追加料金(アンダーエイジドライバー料金)を請求します。アメリカの参考料金は、1日あたり20〜30ドル程度です。

フルパッケージプランなら、アンダーエイジドライバー料金が含まれている場合があり、割安に契約できることも。

 

追加ドライバー登録

 

基本的な契約ドライバーは1名なので、レンタル中に友人と運転を交代する場合は、ドライバー登録が必要です。(配偶者なら無料というレンタカー会社もあります)

追加ドライバー料金のアメリカでの参考料金は、1日あたり10ドル以上するので、追加運転手込みのプランを選んだほうがお得になることがあります。

当たり前ですが、ドライバー登録をしていないのに運転した場合、ペナルティ料金が発生します。また万が一事故を起こしてしまった場合は保険適用外になりますので、絶対にしないようにしましょう。

 

チャイルドシート・ブースターシート

 

国によっては、チャイルドシートの装着が義務付けられています。アメリカでの参考料金は、1日あたり10ドル以上必要です。

ハワイの空港でチャイルドシートを持参しているアメリカ人を見ましたが、オプション料金が高いからなんですね。

 

 

海外レンタカー保険の基礎知識

自動車保険

レンタカー契約の際に知っておきたい保険や補償制度について用語をまとめました。

保険の補償限度額と免責額(保険を適用する際に負担する金額)は契約の際に確認しておこう。

 

運転をする者として、特に対人と対物保険は、しっかりした補償額のものに加入しましょう。

①強制保険(最低限の保険)

②対人保険(損害を与えた人に対する補償)

③対物保険(損害を与えた車輌や物に対する補償)

この他にも、免責を軽減させる保険や、盗難保険、タイヤのパンクなどレンタカー会社が認めないアクシデントまでカバーする保険、レッカー費用を補償する保険、砂嵐による損害を補償する保険など、レンタル地域のリスクに合わせた保険が提供されています。

 

海外レンタカー保険の種類&用語辞典

 

保険は地域によって名称が異なるので、契約時のバウチャーなどを参考に、加入している保険について、しっかり把握しておきましょう。

 

○強制保険自動車保険

Third party liability insurance(TPL,TI)

Liability Protection(LP)

日本で言うところの自賠責保険。法律で全車強制加入で、基本料金に含まれています。

 

○自動両損害補償制度

Loss Damage Waiver (LDW)

Collision Damage Waiver(CDW)

車輌の損傷や盗難などの損害を補償する制度です。ホイールやタイヤ、ガラスの破損などは保険対象外です。

Theft Waiver(TW)

欧州のレンタカー会社に多いTW。車輌が盗難にあった場合に補償されます。

 

○追加自動車損害賠償保険

Supplemental Liability Insurance(SLI)

Extended protection(EP)

強制保険では補償額が不十分な場合に加入する追加の対人・対物の任意保険です。地域により補償額が異なるので、補償限度額が少ないと感じたときは迷わず加入しよう。さもないと、万が一事故を起こしてしまったとき、多額の借金を背負うことになってしまうかもしれません。

 

○搭乗者傷害及び携行品保険

Personal Accident and Effect(PAE/PAI/PEC)

借受人や同乗者が自動車事故にあった場合の医療費などを補償する保険です。また携行品が損害があった場合に補償する保険です。

携行品損害は、クレジットカードに付帯の旅行保険にも付いている場合があるので、2重保険にならないように注意しよう。

Emergency Sickness Plan(ESP)

借受人や同乗者が自動車事故にあった場合の医療費などを補償する保険です。

 

○免責軽減制度(SCDW・SLDW)

万が一の事故の際、発生する免責金額を軽減する制度です。

例えば、事故を起こした場合は数十万円の免責が請求される契約内容でも、免責軽減制度に加入していれば数万円程度の負担で済むことがあります。万が一の際、大きな金額を支払う財力がない方は、加入をおすすめします。

 

気をつけよう!保険対象外になる事例3選

 

下記のような場合には、保険がおりず、多額の出費が発生しますので、ご注意ください。

 

未舗装の走行(オフロード)

基本的にレンタカー会社は未舗装の走行を認めていません。地域によっては、認めている場合もありますが、オフロードで生じたパンクやレッカー費用は、借受人の負担であることが多いです。

 

交通違反による事故

スピードの出しすぎ、飲酒運転、信号無視のような交通違反による事故は保険対象外です。

 

運転者として登録していない人による事故

レンタカー契約時に、登録していないドライバーの運転による事故は、保険対象外です。

 

 

オプションや税金、デポジットについて

 

レンタカー契約時に、基本料金と保険料金以外に、下記のオプション料金と税金が請求されます。またデポジットを、クレジットカードで支払う必要があります(何もなければレンタカー返却時に返金されます)

乗捨料金、GPSナビ、スキーキャリア、チャイルドシート、ロードサービス、ガソリン返却不要オプションなどは、追加料金となことがあります。また営業所によっては、空港利用税、州税、都市税、車輌税など、各種税金が必要です。

 

走行距離無制限

レンタル条件に「○○マイル(またはkm)までは無料」と記載がある場合、指定距離より走行すると、追加費用がかかります。格安レンタカープランに多く、遠出をする場合には注意が必要です。

unlimited mileage(走行距離無制限)と記載があれば、レンタル期間内はいくら走っても追加料金はありません。

 

ガソリン満タン返し不要オプション

 

名前の通り、ガソリンを満タンで返さなくて良いオプション。

アメリカでトヨタのカローラをレンタルした場合、ガソリンが10ガロンくらい入るので、30〜35ドルくらいの価値です。空に近い状態で返した場合ですが・・・。

 

GPSナビはスマホで代用できる

 

GPSナビをレンタルする場合、アメリカで1日あたり10ドル以上します。一週間レンタルすると、日本円で10,000円くらいのコストです。

しかし、スマホがあればオフラインMAPで代用することができます。事前に地図をダウンロードしておけば、電波がなくても現在位置やナビゲーションが可能です。

一人で運転しながらスマホを見るのは危ないので、助手席でナビをしてくれる人がいるときに有効ですね。

オフライン地図の使い方/旅部

 

 

レンタカー会社でよくあるトラブルとその対処

マスタング運転席

 

レンタカー会社でよくあるトラブルは、現地で不要なオプションの追加契約と、つけた覚えがない傷に対して請求してくることなどが挙げられます。

僕は両方、経験があります(苦笑)

 

傷や凹みに対して請求されないための対処法

 

現地レンタカーカウンターで契約したあとは、レンタルする車のところに行き、自分自身で傷のチェックを行い、凹みや大きなキズは、指定の用紙に記入し、出発前に提出します。このときに申告漏れがあると、返却時に請求される可能性があります。(といっても、日本よりも傷に対してはおおらかです)

出発前に動画や写真で傷や凹みの撮影をしておくとより安心です。早朝に返却する場合など、返却時に係員のチェックがない場合も、スマホで動画を撮り、記録を残しておくと良いでしょう。

心配な方は免責額が軽減または免除されるフルカバーの保険に加入しておきましょう。

僕はホノルル空港のハーツでレンタカー返却時に「傷があるよ!」と言われましたが、もちろん付けた覚えがないので、その場で抗議して、事なきを得ました。

 

契約書にサインする前に要チェック

 

下の画像は、先日ダラーレンタカーのフルパッケージを予約したときのバウチャーですが、「契約時の注意事項」に注目してください。

 

レンタカー

※dollerで予約した際のバウチャー

 

レンタル後のトラブルが多いからでしょう、「現地営業所でオプション加入や車種のアップグレードをオススメすることがある」と明記されています。

 

フルパッケージのプランに加入しても、フルパッケージに含まれていない「GPS、ロードサービス、チャイルドシート」などの追加オプションを契約時に勧められることがあります。

基本料金、加入保険、加入オプション、トータル金額など契約書を確認してから、サインをするようにしましょう。署名をすると契約成立になり、何を言っても通りません。

 

ダラー

 

私は、フルパッケージプランを申込み、バウチャーを現地営業所に持っていくと、なぜかチャイルドシートのオプションが付けられた契約書にサインを求めらました。子どもなんて連れてないのに(笑)

これ、英語に慣れていないと気付かないみたいで、たくさんの方が被害にあっているようです。もしかしたら、被害にあってることも気付いてないかもしれません。。。

私がその場でスタッフに抗議すると、最初は「システムエラーでそう表示されるんだ」と言い訳してました。まだ十数ドルだからいいものの、悪質ですよね。他のスタッフに言って、正常なものを発行してもらいました。

 

 

これが実際の海外レンタカー契約書

Alamo契約書

※アメリカ本土アラモの契約書見本

ダラーの契約書

※アメリカ本土ダラーレンタカーの契約書

 

契約書には、【ESTIMATED CHARGES(見積額)、YOUR ESTIMATED TOTAL CHARGES(見積合計額)】といった記載があるので、サイをする前に必ずここをチェックしよう。

また事故やトラブルに遭ってからでは遅いので、出発前に加入している保険内容・制度を確認しましょう。

 

 

外国の交通ルールを出発前に確認しよう

左ハンドル

 

国によって異なる交通ルール。現地のルールを事前に知り、しっかり守った上で、運転しましょう。

ここではアメリカを例に、日本との交通ルールの違いについて見ていきたいと思います。

 

<一例>アメリカの交通ルール

 

○日本と真逆のハンドルと道路

アメリカは左ハンドル、右側通行が主流で、ウィンカーとワイパーの操作レバーが、日本と反対です。

 

○kmではなく、マイル表示

スピードメーターも道路標識も何もかもがマイル表示です。1マイル=1.6kmです。

 

○信号が赤でも右折はOK

アメリカの信号がある交差点は、赤でも右折ができる交差点がほとんどです。その場合、一旦停止をし、歩行者と車が来てないことを確認して、右折することができます。

「No turn on red」という標識がある場合は、右折禁止の交差点です。

 

○信号のない交差点は先に入った順

信号のない交差点の場合、交差点に先に入った順に優先権があります。ほぼ同時に交差点に進入した場合、右側が優先です。

 

○左折用センターレーン

車通りの多い車線の中央に、イエローの点線で囲まれたレーンがあるところがあります。

対向車線を横切って店舗に入りたいときなどに、後方車輌の邪魔にならないように、左ウィンカーを出し、左折用センターレーンに入ります。

また店舗などから左折して大きな道路に合流したいときに、一旦センターレーンに入ります。その後、右にウィンカーを出して、車がこないのを見て、合流します。

 

○スクールバス

前のスクールバスの表示版に「STOP」が点滅していたら停車し、スクールバスを優先させます。

 

○駐車違反とスピード違反に注意

外国では路上が駐車場になっている場合が多いです。路上駐車も日本と同じで、駐車した場所の近くにあるパーキングメーターで支払い、印刷されたチケットを運転席の見やすい位置に掲示します。アメリカでは25セント硬貨を持っていると便利です。

もちろん、スピード違反にも注意。アメリカでは、ハイウェイパトロールが沢山走っているので、御用になることがないように。

 

ガソリンの給油について

 

アメリカでのガソリンの給油は日本のセルフ式ガソリンスタンドと似ています。

ただし、日本国で発行されたクレジットカードは、ほとんどの設置機械で読み込んでくれません。その場合、カウンターに行き店員さんに「ナンバー フォー、テンダラーズ プリーズ」(ガソリンのタンク番号が4で、10ドル分給油したいとき)と言って、クレジットカードまたは現金で支払えばオーケーです。

その後、車に戻りオクタン価を選び、ノズルを取り出し給油します。オクタン価は「87」「89」というようなボタンがありますが、一番低いもの(安いもの)で問題ありません。高性能車なら、オクタン価の数値が高いものを選んだほうが、パフォーマンスを発揮できます。

尚、ディーゼル車でない限り、ディーゼル(軽油)を絶対に入れないように!!壊れます・・・。

 

 

比較サイトまたは公式サイトで事前予約が無難

 

レンタカーは当日予約だと空きがないことがあるため、事前に予約していくことをおすすめします。

「公式サイトと比較サイトのどっちがお得か?」気になるところだと思いますが、予約タイミングや地域により異なるので何とも言えません。

他社対抗価格であること、フルパッケージ保険がリーズナブルであることから、比較サイトのほうがお得であることが多いのは確かです。

 

公式サイトでお得に予約する

YahooJapancard

 

公式サイトの予約は、クレジットカードによる割引または特典を利用しましょう。

アメリカ(ハワイ含)の各レンタカー会社では、下記のクレジットカード特典として、5〜20%の割引があります。またANAやJALマイルが加算対象のレンタカー会社もあるので、忘れずにマイルを獲得しましょう。

 

ハーツ・・・JCB、ダイナース、三井住友VISA

アラモ・・・三菱UFJニコス、ダイナース

ダラー・・・JCB、ダイナース

バジェット・・・JCB、マスター、三井住友VISA、三菱UFJニコス

 

地域によっては、保険・ガソリン満タン返し不要オプション・税金などを含んだフルパッケージプランが販売されています。初めて海外で車をレンタルする方は、これらのプランが安心であり、オススメです。フルパッケージプランもクレジットカードの優待割引を受けれる場合があります。

年会費無料のクレジットカードでも、入会時に数千円のボーナスポイントがあるのでオススメです。

年会費無料のクレジットカード入会特典一覧

 

比較サイトで最安値で予約する

 

海外レンタカー比較サイトは、楽天トラベルとも提携しているRentalcars.com(レンタルカーズ・ドットコム)、またはRentingCarz(レンティングカーズ)がオススメです。

数社の中から最もお得な料金を表示してくれるので、最安値で予約することができます。

 

下の画像は、RentingCarzで、7月22日の正午からホノルル空港で24時間レンタルした場合のフルパッケージプラン(充実プラン)を検索したものです。必要な保険、ガソリン満タン返し不要、税金などすべて含んで67ドル〜借りれることが分かります。

 

レンタカー比較

※検索一例/ホノルル空港で24時間レンタルした場合(充実プラン)

 

比較サイト独自のフルカバー保険は割安なことも

 

続いて、下の画像は、Rentalcars.comで予約の際に申し込むことができるRentalCover保険です。修理や盗難費用はもちろん、レンタカー会社が通常補償しないタイヤのパンク、レッカー費用などもカバーされます。

ただし、事故やトラブルがあった際、一度自分のクレジットカードでペナルティ金額や免責額を支払うことになります。その後、保険会社に領収書と書類を提出し、保険金を申請します。基本的には、十分な補償限度額が設定されていますが、申込前に保険内容を確認しましょう。

 

rentalcarsフルカバー保険

※RentalCover.comの保険例/米国の場合

 

二重保険にならないように注意しよう

 

比較サイトで任意保険を申し込んだ場合、レンタカー会社はそれを把握していない場合があります。そのため、現地営業所で契約時に任意保険に加入するように勧めてくるでしょう。

その時は、保険に加入している書類を見せて「ノーセンキュー」または「アイ ドント ニード」とはっきり断りましょう。もちろん、サイン前に不必要な契約がないか確認しましょう。

 

 

まとめ

レンタカー

 

海外レンタカーを慣れるまではトラブルを避けるため、出来る限りフルカバー保険をかけておきましょう。そして、自分に必要なオプションや保険を理解した上で、現地営業所でサイン前の契約内容確認、出発前の傷の報告をしっかり行いましょう。

あとは現地の交通ルールも事前に調べ、安全運転を心がけてドライブすれば、トラブルなく楽しい旅行になると思います。

予約は、各レンタカー会社の公式サイトからクレジットカード優待割引を使って予約するか、比較サイトのRentingCarz(レンティングカーズ)がオススメです。

年会費無料のクレジットカード入会特典一覧

 

初めてドライブするなら地球の歩き方がオススメ

アメリカドライブ

レンタカーの借り方や返却方法、トラブル対処法、英語フレーズなど、実際に使える情報が満載です。もちろん、アメリカのドライブが楽しいオススメルートや観光情報も載っています。

僕は電子書籍版をタブレットに入れて、持ち歩くようにしています。

Amazonで見る 】

 

よく読まれている記事

SPGホテル 1

【 更新情報:2018年8月、マリオットリワードとSPGが統合し、新プログラムに移行します。変更点について詳しくはこちら …

hotels.comゴールド会員 2

  「海外ホテル予約サイトはどこが一番良いか?」という質問をよくいただきますが、ホテルなどの旅行商品は基本「水 …

飛行機株主優待券 3

(※2018年09月16日更新) 日本国内を発着するLCC(ローコスト キャリア/格安航空)国内線・国際線の全路線を空港 …

ETC周遊割引 4

※2018年11月2日更新 観光地をマイカーやレンタカーで周るなら、ETCユーザー限定の乗り放題プランや周遊割引プランが …

一休レストラン 5

【一休レストラン2019クリスマス特集】 ワンランク上のレストラン予約なら「一休.com レストラン予約」が便利です。エ …

-海外旅行術
-

Copyright© 旅部|旅行セール情報・クーポン・お得ワザをお届け , 2018 All Rights Reserved.